2011年5月14日土曜日

原発復旧作業の男性死亡

 
 
 
 
 
 
14日午前6時50分ごろ、東日本大震災で爆発事故を起こした東京電力福島第一原発で復旧作業をしていた60代の男性が体調不良を訴えた。すぐに発電所内の医務室で手当てを受けたが意識がなく、救急車で福島県いわき市内の病院に運ばれ、午前9時33分に死亡が確認された。
 
 
東電によると、男性は協力企業の従業員。14日は午前6時から、防護服にマスクをしてもう1人の作業員と集中廃棄物処理施設で機材を運ぶ作業をしていた。この日の放射線被曝(ひばく)量は0.17ミリシーベルトだった。男性は13日から発電所内で作業に従事していた。
 
 
        asahi.com(朝日新聞社)より
 
 
 
 
 
 
 
とうとう、犠牲者が出ました
 
原発での復旧作業に従事していた男性が亡くなりました
 
命がけの作業が続けられているなか
 
東電の曖昧なこと
 
どうなってるんだと声を大にして言いたい
 
ただ漏れの汚水を皆で隠し
 
メルトダウンまでを隠し
 
人のすることではない!
 
我々国民だけでなく、国をも騙したのには恐れ入った
 
なんといい加減な企業であろうか
 
今も命がけで作業についておられるかたがいる
 
ご無事でいてください
家族のために・・・・・ 
 
 
 
 
亡くなられたかたのご冥福をお祈りします
 
 
 
 
 
  
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿