2010年1月24日日曜日

電話

電話がかかってきた

「★★さんのお宅でいらっしゃいますか?」


押し売りか?と内心構える・・・


「は い・・・」と、おいら


「突然、失礼いたします。私★★と申します。携帯にご連絡申し上げたのですが、繋がらないもので、ご自宅に ご連絡させていただきました。★★さんはご在宅でしょうか?」


うっ・・・
それって、相方じゃんか~~~~


は いはい、留守である


後程こちらから、かけ直すと伝えて、電話を切った


う~~~~~


スッ ゴク疲れた


馬鹿丁寧にも程がある


昔、誰がかけても、繋いでくれなかった、男友達の家に、おいらがかけた ら、一発で繋いでくれたことがある


ただ、相手の名字と友達の名前、自分の名前、夜分にご免なさいを言っただけだった


相 手のお母さんは、どこかの良いとこのお嬢さんと間違われたようで


一発でおいらの名前を覚え、つれてこいとせまったと言う


何 度か電話をかけたが、本人が留守の時も、お母さんと、一時間近くも話したこともあった


うんざりしたので、かけることはやめた が・・・


良い意味で繋いでくれなくなってしまった


今は良い思い出ですね


携帯の なかった時代です


やっばぁ~~~~年がばれたか???


まっ、よかんべ


今は直接 電話が繋がり、親としては、友達の把握が全然できない


誰?と聞いたら、すっと目の前からいなくなるそうだ

コード を目一杯伸ばして電話をし、まだかけてんのか!と怒られながら、かけたものです


なにもなかった時代ですが、それはそれなり に・・・


今、その時代に戻してあげると言われても、戻りたくはないけれどね


便利な時代になった今、絶対 にむり!!

パソコンでなにもかもができる時代


反対に怖いこともあるが


おいらが ブログなんかする時代ですよ


しんじらんねぇ~~~~~~

0 件のコメント:

コメントを投稿